ジャーマン・フィジックスから1000万超えのスピーカー発売

2006年11月12日 20:35

ジャーマン・フィジックス、独自のDDDユニット2基を搭載したハイエンドスピーカーを発売(phile-webより)

ハイエンド中のハイエンド登場。
また変態スピーカー
でけー

外観が非常に良く作られていますなぁ

ジャーマン・フィジックスといえば「HRS 120」を聞いたことがあるのですが、弦楽器のソロなどの曲はうっとりしてしまいそうなぐらい美しく鳴る。
ただ、CDの録音が良くない場合、粗が感じられてしまう。
DDDユニットのおかげか、音場はかなり広いです。

まぁ今回の機種、某所はきっと置くでしょうね…そのうち試聴してきます。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lumilia.blog73.fc2.com/tb.php/84-d371c371
    この記事へのトラックバック


    最近の記事