スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chaos Party Special 2011 感想

2011年11月21日 23:02

cpsp2011.jpg

川崎で行われたエロゲソングメインのライブイベント「Chaos Party Special 2011」に参加してきたので感想を述べたい。
前置きから時系列で書いているので簡潔に読みたい方は最後だけお読みください

インドアなLumiLia管理人はそれほどライブに行った経験がない。特に、スタンディングライブは今回が初めてであった。
そこで、事前予習に取り掛かる。
郷に入っては郷に従え、スタンディングライブには掟のようなものがあるらしいので早速調べてみたのだった。

なになに…

・モッシュ
モッシュとは、ライブ会場の観衆がアーティストと共に歓喜、興奮し、押し合いへし合いする様。
過去、ライヴ中のモッシュで死者が出たこともあるくらい危険な行為。

思い浮かべたのは毎年2回の漫画祭り、チケット待機列の光景だ。
一面肉肉肉……そんな肉が、さらにジャンプして踊り狂うのだ。
飛び散る汗、迸るスメル…
管理人は戦慄した。

さらに読み進めると恐ろしい語句を発見した。

・ダイブ
ロックなどのライブにて、暴れている人の上でゴロゴロ転がったり、暴れたりすること。

ダメだ、前には行けない。死んじゃう。

その他、某えろげによれば人差し指を突き出し「ノーフューチャー」「クソッタレ」「マザーファッカー」などと叫び続けるのが流儀らしい。
さらに首を絞められたり、殴られたり、焼きごてのようなサイリウムで天誅されるとか!
全てRO-KYU-BU!スレより引用
スタンディングライブKOEEEEEEEEEEEE

オールスタンディングの場合、固定された配置がないので荷物の持ち込みは基本的に無し。ここにオタ系要素が加わると、サイリウムの持込がどうしても加わるため、物量と機能性の両立が難しい。

今回は11月に入ってからイベントの存在を知り参加を決めたため、整理番号は下位5%。とりあえず後ろで見ればいいやという判断に落ち着いたのだった……



■会場入り
13時開場、14時開始のスケジュールで、管理人らは12:20頃にクラブチッタ川崎に到着した。会場周辺にいる人たちがそっち系とわかるオーラに溢れていながらも、雰囲気はまったりであった。整理番号は10番台ごとに呼ばれたが、我々が呼ばれた時は、LumiLiaグループ2人のみだった。整理番号で入る場合、実質的な番号は、30%ほど割り引いたほうが良いだろう。
会場内ロッカーは小さめの300円。ドリンクはペットボトルの水をゲットした。
ホールでは、ところどころにバーが立っており寄りかかれるほか、中央左右に机もあって皆荷物や飲料を置いていた。空調もかなりよく効いておりそれなりに涼しかった。

(以下ではアーティスト別にセットリストを付記。番号はライブを通しての曲順。)
■Riryka

1. Perfect tears
2. In the dark
3. brain bad brew
4. Double Moon , World Fusion(Barbarian On The Groove 真理絵コラボ)

時間は14時丁度、暗転した後、爆音のBGM、一気に灯るサイリウム。
初っ端から聞き覚えあるメロディと共に…Rirykaきたあああああああああああああああああああああ
In the Darkはゲームを知らずともデモムービー愛好家なら一度は聞いたことがあるでしょう。曲調も実にライブ向き!
Brain bad brewは予想セトリで前日カラオケで予習済み。あの三拍子が格好(・∀・)イイ!!
原曲に見劣りしないボーカルで、非常に巧いと感じた。


■真理絵

5. 恋のレシピ
6. バトルロイヤル
7. Clover Heart’s

いつになったらカラオケにクロハが入るんだろう……ということで、真理絵さんです。
管理人が友人と共に本イベントに参加するコンセンサスに至ったのは、クロハを聞くためでした。
真理絵さんのライブは初めてだったが、アルバム「Sign Up!」にクロハのライブバージョンが収録されていたこともあり、口上も巧く出来たと思う。
が、サビ直前のコーラス「クロバーハーーッ」を我々が歌うのだとは知らなかった ( ゚д゚)
いつかストリングスも生演奏でクロハを聞いてみたいですね。
他、Hooksoftの新曲や、Barbarian On The Grooveのコラボ曲など。
MCでは、私的に流行っている「すっごいねー!」を宣伝しておられました。プリマの後方で、登場直後から「すっごいねーーー」を絶叫していた方がいたのでフリーライドしてました。


■ave;new feat佐倉佐織

8. true my heart
9. eternal wish
10. 超越↑↑恋してナイしょ☆メア!!

開場前に「よくわからんからとりあえずきしめんが来るんじゃね?」とてきとーに話した内容が現実に。
そして私が初めてあべにゅーの名前を覚えたのは恋ももOPでした。「Eternal Wish」はキーを下げての演奏。やっぱ高すぎだよなアレ…
しゃおりの地声は相変わらずすごい!高い!これでヘリウム吸ったら人間を超越するかもしれない!
アニサマの時に妙に存在感のあったDJがいなかったのは少し残念だったかもしれない。


■AiRI

11. 運命
12. learn together
13. pieces

Chaos Partyはゲームミ音楽のイベントと考えていたため、過去のUR@N名義で歌われたら予習的な意味で爆死必至な管理人でしたが、3曲がアニメ曲、しかも今期のホライゾン曲も入っていたため俺得なセトリでした。この方の高音ヴォイスは凄いですね。余裕で歌えてた印象。
覚えることは、「あいりはうらーーーん」もう一度言いましょう。
「あいりはうらーーーーん」



■ASTLYRE

14. reincarnation (AiRI)
15. beat(石田燿子)
16. ときめきガーディアン(片霧烈火)
17. Fate through the regret(片霧烈火)

AiRIからつないでおっさんASTLYREの中の人がショルダーキーボードを持って登場。顔出しは初だとか。とても謙虚な言動でございました。
前々からフォローしていたわけでもなかったため予習に困ったアーティスト。ときめきガーディアンは、曲を忘れていたが、頭が片霧烈火の声を認識し、連想的に曲が引き出されラグを伴って……
アドレナリン充填きたああああああああああああああああああ



■片霧烈火

18. パラダイムシフト
19. 魂響

片霧さんを初めて見ましたがなんというか…すごく失礼な発言ですが……

……太ましいです(刺さないで

しかし、歌声は原曲に迫る巧さで、安定度抜群。また観客に要求するコールがかなりアクティブで、サイリウム煽り過ぎ会場が一体になって盛り上がれた。パラダイムシフト→魂響のコンボで本日のテンションピークを迎える。ジャンプのし過ぎで折り返し前に疲れだす管理人であった。
印象的なMC「この曲のサイリウム色は何色なのかイメージが付かない。だからみんな各々、この色だ!と思うサイリウムの色を振ってくれ!」と、パラダイムシフト。
どう考えても橙なるUOでした。(会場は青、橙が多く、緑もいた


■~休憩~
15時弱から10分ほどの休憩が挿入。
二階席からしゃおりが挨拶。あいっかわらず声高いナー


■YURIA

20. Around the world
21. Samsara
22. プラスチックスマイル

会場が空気を読んだようにSamsaraではリウムが消灯。皆腕を振り上げ、アーティストと共に高まっていた。そして、締めにプラスチックスマイル!ゆっくりテンポながら、生で聞けたことがポジティブサプライズでした。


■milktub

23. 月曜日は嫌い
24. 甘えん坊将軍
25. バカゴーホーム

milktub は 急に 欠席 して、
 代わりに サイキックラバー が うたった


おっと、記憶が書き換えられていたようです。もう一つの世界線の話をしましょう。
ミッ●―の格好をしたbambooさんが登場。会場内の我々が斬られたり、はたまたbambooさんがスピード衣装替えを試みてみたり、とMCがかなり長めだったように思う。他、「パイオーツ オブ カリビアンドットコム」等…、うーんアウアウですね。


■美郷あき

26. 最後のエデン
27. jewelry tears
28. speed wing

後半俺つば2曲をメドレー。2010年を代表する4部作の1つということで思い入れもあり、ライブ向きだと思っていたので聴けて凄くよかった。
一方マブラヴオルタの最後のエデンはまさに戦いの曲、でこれまた盛り上がるわけですよ。
アーティスト別で一番バランスの良いチョイスではなかっただろうか。
散々感じていたが、カオスパーティ参加アーティストは皆、生でボーカルが非常に巧い。


■石田燿子

29. CARNIVAL
30. 恋する力
31. 太陽のプロミア

恒例のNANAカバー。「本当はNANAさんが歌っているんですけど…」「NANAさんによろしく伝えておきますね」とのネタが光る。NANA、一体何者なんだ……
キャリアが長いこともあり、古い曲も多いが、今の名義の曲━━━━例えばストパンOPを聞いていても、この方の伸びがあって、かつエッジの立たない聞きやすいボーカルは希少だと感じる。より多くの楽曲を歌い上げていって欲しい。
いや、すげー巧かったです。
CARNIVALはポジティブサプライズ。「ん?この曲なんだっけ?」とひとしきり考えながらもメロディを身体が覚えていて、あのムービーと共に思い出したわけですよ!これは熱いといわざるを得なかった。


■佐藤裕美

32. Angelic Symphony
33. Guri Guri
34. ラブレター

一部有名作のボーカル曲を知っているプリマは、残念ながらこの方の曲を全てカバーできておらずでした。が、またも後ろの方が強烈なコールで推してくれたので、終盤にはノリノリだった。
私的にはモエかんOPが聞きたかった……。
ところで、この方は何歳なのでしょうか。


■アンコール(全員)

35. ハローグッバイ

ひとしきりのアンコール合唱の後、キャストが全員ステージに登場し、一言ずつ挨拶。こうして見比べてみると、しゃおりの背が高いと感じたw
最後はハローグッバイを歌って終了。会場のアチコチでハイタッチが交わされておりました。
ちょうど500mlの水を飲み終え、もう少し長かったら大変なことになるところでした。

管理人らは速攻で撤収。
帰宅後に飲んだビールの味はまた格別であった。
…が、今回はこれで終わらない。家でとった何気ない動作でこむら返りを起こし、激痛に耐える管理人の姿があった
3日後にはANIMAX MUSIX2011が!ここで倒れるわけにはいかない…ッ


■総評 次はさらなるアーティスト陣の追加に期待
楽しく過ごせたイベントだった。
特に「Clover Heart's」「Paradigm Shift」が聞けた満足度が大きく、「CARNIVAL」や「プラスチックスマイル」もポジティブサプライズだった。テンションでは片霧烈火のパラシフから魂響の流れがピーク。
音響は、BGMが大きめだったがボーカルが聞こえないほどではなく、アニサマの糞音響より余程マシだった。今回耳栓使いませんでしたから。
クラブチッタ川崎は環境が良いライブハウスの1つのようで、ステージも高さがあり、アーティストの姿を近い距離から視認出来た。
観客の質も当初あまりに悲観シナリオを織り込んでいたせいか、良好に感じた。大体飛び跳ね方で誰のファンなのかが判るあたりも醍醐味だろう。
コストの観点ではどうか。ライブ時間は6時間弱。翌日を考えれば体力的にはちょうど良い時間と考えるに至った。オルスタで体力を消耗することもあり、7,000円という値段には賛否ありそうだが、参加した価値はあったとLumiLiaは考えている。欲を言えば、むしろもう少し高くても良いのでさらにアーティストを追加しても良かったかもしれないと感じた。方向性を模索し、進化してこそ、あるべきライブの姿だ。来年に期待を寄せたい。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lumilia.blog73.fc2.com/tb.php/542-16992ff2
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。