スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows7で発生する不具合とその解決方法

2011年01月16日 21:46

PCを再セットアップし、新しいWindowsに移行したとき一番気を使うのは多くの場合、どれだけ性能が良くなったかではなく、どれだけ今までできていた事が継続してできるか、ではないだろうか。
いくらサクサクになったとしても、細かいところで発生する一部の不具合が多くの時間を浪費させ、新しいWindowsを使おうとする私たちのモチベーションを大きく下げる。
本記事では管理人の下で起こったWindows7インストール後の不具合と解決方法を挙げる。

記事中で扱っている不具合:
・Radeon環境で画面が赤みがかったようになる
・ウェブブラウジングの際、異様に回線速度が遅い/ページを開けない
・Logicoolマウスの加速スクロールが使用できない


■Radeon環境で画面が赤みがかったようになる
RadeonのCatalystドライバをインストールしたところで問題が発生した。

「…画面が赤い」
全体的に画面が赤いのである。白を見るとその傾向は顕著だ。意図せぬ形でICCプロファイルが適用され色変換されたのか?
答えはそうではない。

この症状はビデオカードにRadeonを使用している環境で起こる不具合の一つで、タイトル通り、映っている画面全体が赤くなる症状である。
本来正しいモニタ設定は6500Kなのだが、Radeon側で誤認識し、モニターのデフォルト色温度が6600と設定され、赤く補正されてしまう。特に最近のCatalystドライバで発生するようになった問題で、改善が待たれる。

解決法:Radeon Catalystの設定を変更する

1. コントロールパネルより「Catalyst ControlCenter」を開く
2. 左上のタブより「デスクトップとディスプレイ」を選択
3. 左下の小さいモニタのアイコンを右クリックし、「設定...」を選択
4. 色タブを開き、一番下の色温度の制御より、温度を「6500K」に変更する
5. 白い画面を移してとりあえず戻ったことを確認、解決


■ウェブブラウジングの際、異様に回線速度が遅い/ページを開けない
ウェブページを開いても、なかなかリンクが開かない。しかし、回線測定サイトでは80Mbpsを超えるダウンロード速度が出ている…といった症状である。
詳細にはこのような症状が発生する。

・大量のウェブページをまとめて開くと、読み込みに非常に時間がかかり、またいくつのページがエラーで表示されない
・単体でウェブページを開いた場合でも、読み込みに非常に時間がかかることがある(リクエスト送信中等で停止)
・上記の要領でウェブページを開く際、タスクマネージャーのネットワークモニタリングを見ると、瞬間的に大量のトラフィックが発生している

原因はIPv6の設定にある。

解決法:ネットワークアダプタの設定を変更する

1. コントロールパネルより「ネットワークと共有センター」を開く
2.左側の「アダプターの設定を変更」を開く
3.該当するネットワークカードのプロパティを開く
4.タブ内の「インターネットプロトコルバージョン6(TCP/IPv6)」のチェックを外す


これで解決するハズである。

IPv6の設定でなぜ問題が発生しているかは以下が詳しい。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5719515.htmlより転載
Googleは最近(具体的にいつかは知りませんが)IPv6に対応するようになったそうですが、それが原因のようです。NTTではフレッツスクウェアなどを見るにはIPv6が必要で、利用者はOSにIPv6の設定をします。

その状態でGoogleに行きますと、Googleではその端末がIPv6の設定があるのを知ってまずはIPv6で情報を返そうとするそうです。

しかしNTTが付与したIPv6アドレスはインターネット接続のできるグローバルIPアドレスではなく、NTTのNGNというクローズドな世界の中でしか通用しないものです。

ですから、IPv6で接続を試みて、少し時間が経過したあとで、IPv4接続行うことになるそうです。

これがフォールバックというタイムラグ(表示に時間がかかる)現象だそうです。

今回の現象もこのようなことから派生したものだと思います。

このような事態をNTTも認識したのでHP上で報告しています。そしてその解消の為に、フレッツIPv6セットアップツールというものが提供されるようになりました。単にOSにIPv6設定をするだけではありまません。

そこで、私もそれをインストールしたという訳です。最初はそれで解決したかに見えましたが、やはりIPv6の設定をしたままの状態ではGoogleの表示に不具合が出るようになりました。

Googleがまだサービスも全く安定していないのにIPv6対応にしたこと、NTTがインターネットに接続できないようなIPv6アドレスを付与していること、のどちらもがその原因なのではと素人ながら感じます。

IPv6
http://www.ntt-east.co.jp/kids/keyword/006.html
http://flets-square-guide.com/sp/what.html


■Logicoolマウスの加速スクロールが使用できない
マウスのスクロールが以前と比べて遅いと感じたことはないだろうか。
上下に長いページでもブラウザをハイスピードに移動できる高速スクロールが利用できない症状である。

解決策:旧バージョンのSetPointドライバを使用する

原因はドライバだ。新しくインストールしたSetPointドライバは6.0以降のバージョンではなかっただろうか?実は6.0以降マイマウス内のスクロールタブが消え失せ、スクロールの加速が出来なくなっている。
旧バージョンの4.xxはWindows7 x64でも正常に使用できるため、こちらを利用すれば、加速スクロールを利用することが出来る。

Logitech ドライバ置き場 (旧バージョンや各国語版あり)
ftp://ftp.logitech.com/pub/techsupport/



コメント

  1. gragra | URL | -

    Re: Windows7で発生する不具合とその解決方法

    Logicoolマウスの加速スクロール不具合の件で検索し、こちらの記事に辿り着きました。

    > どれだけ性能が良くなったかではなく、どれだけ今までできていた事が継続してできるか、ではないだろうか。
    > いくらサクサクになったとしても、細かいところで発生する一部の不具合が多くの時間を浪費させ、新しいWindowsを使おうとする私たちのモチベーションを大きく下げる。

    まさしく仰る通りで、XP(32bit)の約3.2GBのメモリ空間の不便さからようやく64bitのWindows7環境へ移行しましたが、毎日のように動作問題に悩まされております。

    こちらの記事を拝見し、Setpoint6.xxから4.80にドライバを変更したところ快適に動作するようになりました。

    先人の知恵に感謝し、一言お礼を書き込ませていただきます。
    ありがとうございました。

  2. たばた | URL | -

    Re: Windows7で発生する不具合とその解決方法

    デスクトップのパソコンですが、十秒間隔で画面が暗くなります。勝手にスリープ状態になる感じです。どうすればよいですか。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lumilia.blog73.fc2.com/tb.php/475-1a6294f9
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。