スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

News Review: ソニー新型ウォークマン発表 Xシリーズの消失

2010年09月20日 13:41

ソニーよりウォークマンの新シリーズが発表された。しかし、その内容は管理人を失望させるものであった。


■Xシリーズはどこに消えた?
ソニー、ウォークマンを一新。A/S/Eシリーズを披露 - AV Watch

A850シリーズで目に着いたポイントはキーコントロールが出来るようになったことだろう。
カラオケをする人でキーを変える人にとっては、曲に慣れやすくなるためありがたい機能である。

一方で、今回のモデルラインナップに失望感は大きい。
それは、Xシリーズの後継機種が存在しないことである。
少なくとも、Xシリーズはタッチパネルで操作性に優れ、友人間で行った音質の比較でもA840を上回るものであった。加えて有機ELの解像度もAシリーズより動画再生向きで、今後のモデルに期待を感じさせるものであった。
新型Xシリーズの登場は未定とされているが、新型ラインナップにXシリーズがなかったことは大変ネガティブである。Aシリーズでは中途半端、というのが管理人の印象だ。


■新型Xシリーズに求められる付加価値
管理人がウォークマンに求めている付加価値は、OLED(有機ELディスプレイ)の高解像度化、すなわち動画再生品質の向上である。
現在のウォークマンの大きな長所の1つが、OLEDであることだ。このお陰でウォークマンは小型サイズで異常とも言える画質、発色が再現されている。
しかし、現状のディスプレイでは解像度が低い。auの携帯に搭載されている480x854のOLEDと比べるとその差は歴然であった。(特に、アニメのOPテロップを見ているとその差を実感する)
高解像度化すれば動画再生に対する満足度は飛躍的に高まるだろう。

音楽に加えて動画再生用途も確立する━━━━ソニーのレコーダーで録画した番組をおでかけ転送でウォークマンに転送、手軽に視聴出来るようにする━━━━というコンセプトはビジネス戦略上も有効なはずだ。

にも拘らずXシリーズが消失したのは、

・コストダウンの影響
・Aシリーズと共食い(Aシリーズの登場以後、Xシリーズの魅力を訴求出来ず、売上が伸び悩んだ

等が挙げられるだろう。
もしかしたら動画再生に特化したウォークマンが後から登場するかもしれないが、これも仮説の域を出ない。

ソニーの発表記事を見る限り、専用プレーヤーとしての魅力を追求したとのことだが、コスト削減による機能減を巧く取り繕ったフレーズのように思える。
現状、ウォークマンの購入検討をしている人には、「キーコントロール」「スピードコントロール」に絶対的価値を見出さない限り、Xシリーズの購入をお薦めしたい。


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lumilia.blog73.fc2.com/tb.php/472-24271001
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。