スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灰色のクリスマス -序-

2009年12月24日 00:00

※音量注意
「もうクリスマスか…なんとも美しい光景だな。

  だが、同時に酷くうそ臭い光景だ。

      異様な感覚に包まれた世界……。

 君はこんな偽りの世界が望みなのかね?

  人類全てが現実に適応できるわけではない。

    むしろ、自分がまだ少数派と認識したまえ。

      セ カ ン ド
     二次元主義者のプリマ紳士。」



プリマ 「いずれ多数派になりますよ。

    だから、クリスマスを潰させるわけにはいかない。

      …って、二次元は潰せないでしょうけどね。」




「二次元と三次元が雌雄を決する戦いだな?」




プリマ 「いえ。

      三次元同士が勝手に潰しあう。

      二次元はただ眺めているだけですよ……」



始まりまで、あと0日……






■クリスマスQ&A

Q,クリスマスって二人っきりで過ごすべきじゃないの?

A,

             /)
           ///)
          /,.=゙''"/
   /     i f ,.r='"-‐'つ____   細けぇ事はいいんだよ!!
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\
    /   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\
   /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /


って思った人はすでに思考停止して負けだと思う。

俺の嫁論と同じレベルの長年の命題だと思うが、経験からいくつか僕なりの結論を見出した。

確かに愛する人と過ごす意味で誰か1人と祝うのは、とてもスマートで美しいと思う。
でも本当にそれで良いの?
僕らエロゲーマーはそれぞれの作品に構築された世界で、たくさんの人にお世話になっているわけです。なら、その愛しい人に、愛しい人と共に、感謝の気持ちを込めて祝杯を上げることが大事なのではないだろうか。

要するに、
→1人で寂しいおにゃのこがいたらどうするか?
→主人公なら放っておくはずがない。 主人公は私である。(キリッ
→したがって、私は放っておかない。

というわけでついにやってまいりましたXデー。色々仕込んでいる人も多いのではないでしょうか?
さあ、共に精一杯楽しみましょう!


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lumilia.blog73.fc2.com/tb.php/379-6130eec9
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。