スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東芝の新フラッグシップ、CELL REGZA

2009年10月06日 00:17

久々に出てきた東芝のハイエンドモデル、CELL REGZA。
QUALIA005を思い出した方もいるのではないでしょうか。

CELL REGZAの特徴は圧倒的な物量を投入した点にあると思います。
チャンネルの切り替えの早さも、11+3チューナーというかなり無理をした構成だからこそ実現が出来たと言えよう。

東芝はCELL REGZAを核に今後の商品展開を行っていくようだ。

個人的に抱いたCELL REGZAの良い点として、デザインが挙げられると思う。

・筐体デザインがシンプル
・UIがスタイリッシュ

今までUIは各社どうしてもソニーのXMBに及ばない部分があると感じていたので、これを機に巻き返しを図ってほしい。
ハンドジェスチャーUIはまだまだ改良が必要だろうと思う。

一方RGB LEDではなく、白色LEDでラインナップを展開したのはなぜだろう。
長時間使用で各色のバランスが崩れやすいからだろうか?それとも、技術的な問題だろうか?消費電力が非常に高くなってしまうからだろうか?

また、写真を見ると相変わらず映り込みが激しく、個人的にはいまいち頂けない。
昨今、液晶テレビのグレア化はもはやトレンドといっていいレベルだが、REGZAは映り込み過ぎだと感じる。先日発表されたシャープのUV2Aも多少グレアによった形だが、それでも東芝程ではない。


個人的には、モーションフローへの畏敬も込めて、来年2月に出ると言うソニーのフラッグシップ機に期待を込めたい。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lumilia.blog73.fc2.com/tb.php/329-5fa25f8f
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。