スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エロゲーの少し変わった着目点

2009年09月23日 02:03

休みを満喫する間もない残酷な日々が続きますが、さすがに一つのタスクだけに集中できる程僕は出来た人間ではないので、合間にエロゲを挟んでちょこちょこ進めています。
さて、9月18日はかなり多くのタイトルが出ましたが、皆さんはすでにプレイされたでしょうか?

個人的な期待を裏切らなかった作品がありましたので、18日物から1本作品を紹介したいと思います。
それはeden*━━━━

ではなくて、「だっこしてぎゅっ! ~オレの嫁は抱き枕~」という作品です。

タイトルからしてひどいですね。
↓Amazonリンクに飛びます      
Amazonに飛びますよーえ?一見糞ゲーに見えるって?
抱き枕er?なんだそりゃって?


シナリオが良いのかって?
こやつめワハハ
そんなわけあるまい。


エロゲには色々な楽しみ方がありますが、
この作品の本質は声優にあるのです。

(以下、自重しませんので注意


率直に言うと、

豊多のあという裏名義で、清水愛が出ていたりします



清水愛といえばななななななんと、咲のはじめたんですな。
一ちんとちゅっちゅしたいお
キマシタワー


エロゲデビューというわけではなく、厳密には昔「らいむいろ戦記譚」に出ていたのだが、以来7年ぶりの再登場のようだ。



そのクオリティは……



    ∩
    ( ⌒)     ∩_ _
   /,. ノ      i .,,E)
  ./ /"      / /"
  ./ / _、_   / ノ'
 / / ,_ノ` )/ /
(       /  good job!
 ヽ     |
  \    \


大変素晴らしい。というかエr(ry
脳内補完でさらに(;゚∀゚)=3ハァハァ出来る点が素晴らしい




昨今、演技力のあるエロゲ声優が一般アニメの表舞台に出演するようになっているのは周知の通りだと思いますが、その一方で一般アニメに出ていた声優がエロゲ声優として出演する流れも最近多い気がします。

例えば最近では、門脇舞以下田麻美といったところがメジャーでしょうか?
その演技力に期待と耳を傾けるのもありですし、エロゲはエロゲと、ムフフな方向を楽しむのも当然ありでしょう。
個人的には大歓迎であり、注視している項目です。


もちろん、キャラクターに合うという点で広いバリエーションを本質的に求める我々や業界にとっても、また技術、キャリアの点で声優側から見ても(深い業界事情は知りませんが)、プラスサムになる展開だと言えるでしょう。



…話を戻すと、この項目は潜在的価値を大きく引き挙げている気がします。


■価値算定

世間評価価値(X)
<以下裁量項目>

システムがジョイパッドと相性悪い(-1)
主題歌中毒(+4)
中の人補正(+25)
━━━━━━━━━━━━━━━━
個人的算定価値(X+28)


こんなマイナー項目、見る人は少ないと思いますので、間違いなく世間では過小評価されているでしょう。したがって、中古で買うのもお得かもしれません。

豊多のあ(とよたのあ)
醍鉢みら (だいはつみら)
いすずあすか

すでにこれだけの裏名義が登場しているようです。
大変ツッコミどころ…もとい楽しみがいのある裏名義ですが、今後の活躍を、個人的には大変期待しています。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lumilia.blog73.fc2.com/tb.php/324-69a87356
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。