スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パイオニアの「TAD Reference One」が正式発表

2007年02月08日 14:35

パイオニア、TADブランドの民生用新ハイエンドスピーカー(AV watchより)

パイオニアのTADシリーズのフラッグシップが入れ替わりました。
250Hzから100kHzまで再生可能のCSTが目立つポイントでしょうか。
値段を見ると1本315万ということで相変わらずハイエンド、最近発表されたDD66000が思い浮かぶけど、両者は対極と言っていいほど音作りが違うのでくらべるのはナンセンスでしょう。

前モデルの「TAD-M1」は恐ろしく音の立ち上がりが早く、繊細で鋭い音で、女性ボーカルが浮いているような感覚だったのが印象深い。ただおもしろみのない音といわれれば確かにその通り、モニター的。アンプでの色付けをうまく考えないといけない。
さて今モデルはどうなのかしら?



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lumilia.blog73.fc2.com/tb.php/130-167f2805
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。